ゲームレビュー 新作ゲーム

【新作】ディズニードリームライトバレーのアーリーアクセス版がリリース!ディズニー版どうぶつの森はどんなゲーム?【レビュー】

こんばんわ、矢印です。

ディズニーの新作ゲーム「ディズニードリームライトバレー」のアーリーアクセス版がリリースされました!

素人うさぎ
アーリーアクセス版ってあんまり聞きなれない言葉だね
正式リリース前に一部のマップで遊べるのがアーリーアクセスだよ。体験版とは違ってプレイにはお金がかかるから注意!
矢印

ディズニーのどう森っぽいゲームが出ると聞いて、さっそくプレイしてみたので感想をレビューします!

Hi-Ho-GAMEイチオシ!!

ドリームライトバレーの世界観

本作の世界「ドリームライトバレー」は「忘却」によって闇に包まれてしまった世界。

ここに住むディズニーキャラ達は、その忘却によって色々なことを忘れてしまっており、かつてこの世界にいた「統治者」もいなくなってしまっています。

この世界に迷い込んでしまった主人公(=アバター)は、なぜか自分だけが使える「魔法」によって「闇のトゲ」を取り払い「キオク」を取りもどすことで、世界を救うことができます。

ドリームライトバレーはどんなゲーム?

ディズニードリームライトバレーはディズニーやピクサーのキャラたちと一緒に生活をするゲームです。

植物を植えて育てたり、釣りをしたり、穴を掘ったり、岩を砕いたり、料理をしたり、家具を作ったりしながら世界を発展させていくのが目的です。

採取したものはグーフィーのお店で「スターコイン」と交換でき、集めたスターコインはバックパックの拡張や店の拡大など様々なことに使えます。

また、「公務(ミッションのようなもの)」をこなすことで「ドリームライト」が貯まっていき、一定数を越えることでストーリーが進行していきます。

冒頭でも書いたように大人気ゲームの「どうぶつの森」に非常に似ているので、細かい説明はもはや不要かもしれませんね。

ドリームライトバレーの面白いところ

アーリーアクセス版をプレイして良かった点について紹介します。

ディズニー感満載!!

まずなんといっても「ディズニーが溢れているゲーム」ということでしょう!

まだアーリーアクセス版ということで現状登場するキャラは少ないものの、トレーラー映像などを見ると人気作からちょっとマイナーな作品まで、かなり多くのキャラが登場しそうです。

ディズニーキャラに囲まれて生活するゲームというだけで、ファンにとってはたまらないでしょうね。

主人公の靴にも靴下にもミッキーが・・・

また、キャラだけでなくBGMもディズニーの様々な人気曲が流れるので、プレイ中は完全にディズニーの世界に浸れます。

やりこみ要素たっぷり

細かい内容は書けば書くほど・・・なので割愛しますが、どうぶつの森のようなゲームということで、やりこみ要素はふんだんにありそうです。

正式リリース後はマップも拡張されるのでさらにできることも増えていくようですね。

ドリームライトバレーのイマイチなところ

続いてイマイチと感じた点。これが結構あるんだなぁ・・・

リリース後は無料なのにアーリーアクセス版は有料?

まずは価格について。最初に説明した通り、現在遊べるのは「アーリーアクセス版」です。これはスマホ系を除くだいたい全てのプラットフォームに対応しており、アカウントを作成すれば他のプラットフォーム(PS→Switch、Switch→PCなど)でも同じデータで遊ぶことができます。ただし各プラットフォームごとに3,600円程度のソフト本体を購入する必要があります。

ここまでは何とか理解できるものの、なんとこのゲームは2023年の正式リリース後は基本プレイ無料で遊ぶことができるのです。

素人うさぎ
え・・・体験版が有料で製品版が無料ってこと・・・?
そうなんだよ。よく読まずにディズニーのゲームってだけで反射的に購入しちゃったけど、リリースまで待てば無料で遊べたんだ・・・
矢印

これは初めての経験でびっくりしましたが、公式サイトでもそのように説明されているので間違いなさそうです。

まぁディズニーフリークの私は待てば無料と解っていても買ってしまっていたでしょうけど・・・

操作感が重い

私はSwitchでプレイを開始したのですが、これが重いのなんのって・・・

地図を開いたりバックパックを開くだけで読み込みが発生するレベルの重さで、没入感が大事なジャンルのゲームだけあってけっこう萎えます。

そうなると当然電池の消耗も激しく、PSやPCでは気にならないでしょうがSwitchの携帯モードでプレイしているとみるみる充電が減っていきます。

正式リリースまでには解消してくれると信じていますが、さらに機能が拡張されることを考えれば難しいかもしれませんね。

日本語が不自由

本作は日本語対応となっていますが、翻訳がかなり怪しく海外製のソシャゲ並みです。

先にも書きましたがミッションが「公務」と和訳されていたりしてかなりの違和感を感じます。他にもせっかくのキャラとの会話もおかしな翻訳のせいでキャラが崩壊してしまう可能性も。

ちなみに音声は英語のままです。

矢印
原作の雰囲気を壊さなかったキングダムハーツは凄かったんだな

スタミナ要素が煩わしい

本作ではプレイヤーが行動(闇のトゲを抜く、岩を砕く)するのにスタミナを消費します。

スタミナは自宅に帰るか食事を摂ることで回復しますが、これはどう森にはない要素ですね。このゲームにはレベルの概念があり、レベルアップと共にスタミナの上限も上がっていきますが序盤は結構すぐにスタミナ切れを起こすので、いちいち家に戻るのがかなり面倒です。

正式リリース後はマップも拡張されるため、行動を制限するのは冒険感を出すには必要な要素なのかもしれませんけどね。

まとめ!総評

ディズニーの新作「ドリームライトバレー」について紹介しました。

何度も言いますが、本作はどうぶつの森に非常に似たゲームなので面白くないはずがありません。

ただし「このゲームがディズニーでなくても買っていたか?」と聞かれれば、迷わずNOですね。ディズニーでなかったならどうぶつの森をやった方が良いというのが正直な感想です。

しかしディズニーキャラが登場するというのはそれだけで計り知れない価値があるのも事実。ディズニー好きなら是非プレイしてみることをオススメします。

価格的に3,600円程度とそこまで高くないので、正式リリースまで待てない方は買っても損はしないゲームだと思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは、また。

 

 

 

 

-ゲームレビュー, 新作ゲーム

Copyright© 今日も今日とてHi-Hoなゲーム生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.