ゲームレビュー 新作ゲーム

【新作】ナナリズムダッシュはどんなゲーム?ソシャゲ×リズムゲー×パチスロ(パチンコ)の新感覚ゲームの誕生!スロット歴25年がプレイしてみた感想をレビュー!!

こんばんは、矢印です。

サミーネットワークスから「ナナリズムダッシュ」がリリースされました!今回はナナリズムダッシュを遊んでみた感想をレビューします!

ナナリズムダッシュ

ナナリズムダッシュ

Sammy Networks Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

Hi-Ho-GAMEイチオシ!!

ナナリズムダッシュはどんなゲーム?

ナナリズムダッシュはパチンコ、パチスロの楽曲をリズムゲーとして遊べるソシャゲです。

ソシャゲ×リズムゲー×パチンコ・パチスロという新しいジャンルですが、その全てにおいて完成度が高いゲームとなっています。

それぞれの要素別に解説していきます。

音ゲー(リズムゲー)として

基本的には「太鼓の達人」に似たシステムで、画面左から飛んでくる音符が左側のラインに重なるタイミングでタップをし、そのタイミングによって点数が加算される(敵にダメージを与える)仕組みとなっています。

太鼓の達人と少し違うのが、全ての音符が直線で飛んでくる太鼓の達人に対してナナリズムダッシュは斜めに来たり弾みながら来たりと、何かとタイミングをズラしてきます。私も太鼓の達人は良くプレイしますが、音ゲーとしてプレイしても結構面白いと感じました。

他にもスロット関連ゲームならではの要素として、音符の代わりに「ベル」「スイカ」「チェリー」などが飛んでくることも。

無事クリアできるとそのプレイのスコアが表示されます。

矢印
スロッカスには音ゲーなんて目押しも同然、全部ビタ押してやんぜ!と息巻いたものの結果は無残・・・タイミングが結構シビアだぞ

ソシャゲとして

ナナリズムダッシュはただの音ゲーではなく、ソシャゲとしてRPGの側面も持っています。

すごく簡単に言えば、パズドラのパズル要素を音ゲーに置き換えたようなもの。音ゲーはバトルの仕組みであり、強敵に勝つには音ゲーを上手にこなすだけでなくキャラの育成や装備の強化などが必須です。バトルは曲が終わるまで続きますが、音ゲーがパーフェクトでもパーティの火力が低いと敵を倒し切れず負けとなります。

ストーリーとしては世界を侵食する「ノイズ」を駆逐するため、「吟遊詩人」を率いる「指揮者」となって世界を救うというもの。まぁ王道ストーリーですね。

システムは割とよくあるソシャゲの要素(属性や育成システムなど)は一通り備わっています。

これが割とよくできており、音ゲーが苦手な方やパチンコ・パチスロに興味がない方でも普通に楽しめる内容になっていると思います。

登場キャラ(吟遊詩人)はオリジナルキャラですが、これがまた非常にかわいい!

矢印
今後はスロットのキャラも吟遊詩人として出して欲しい!

パチンコ・パチスロゲームとして

このゲームの一番の肝は間違いなくここでしょう!

ナナリズムダッシュ最大の魅力はパチンコ・パチスロの楽曲で遊べるという点です!

アニメやJ-popの曲で遊べる音ゲーはいくらでもありますが、パチンコ・パチスロの曲はなかなかありませんよね。しかしパチンコ・パチスロには名曲とされる曲が数多く存在するのです!!

私自身パチンコ・パチスロを嗜み始めて25年ほどになりますが、名機と呼ばれる機種はそのBGMと共に記憶に刻まれています。

どんな楽曲で遊べる?

ナナリズムダッシュはサミーが運営しているということで、遊べる楽曲はサミーの台だけだろうな・・・私も最初はそう思いました。

しかし・・・

なんとアルゼ山佐など、サミー以外の台の曲も収録されているんです!これにはビックリ!!

じゃあ具体的にどんな楽曲で遊べるのか気になりますよね?全曲を紹介すると長くなるので、私チョイスで名曲を紹介します。

1.サバチャンメドレー(獣王)

スロットのBGMと言えば何をおいてもこれでしょう!異論は認めません!「獣王」「サバンナチャンス」です!

現代まで続くスロットブームは間違いなくこの台が火付け役。この台がなければパチンコ・パチスロ業界の今はなかったと言っても過言ではありません。

私も本格的にスロットにハマったのはこの台で、恐らく人生で一番打ち込んだ機種ではないでしょうか。

矢印
獣王が初めてのAT機と思っている人かなり多いけど、実際はサミーの「ゲゲゲの鬼太郎SP」に搭載された「アシストタイム(AT)」が初代AT機なんだぜ!!

2.アラジンAメドレー(アラジンA)

続いてサミーからもう1台。「アラジンA」といえば2000年代初頭に空前のスロットブームを起こした立役者の1台であり、同時にスロット全盛期である4号機終焉のきっかけにもなった機種です。「ピッポッパッポーン♪」のボーナスBGMが凄く印象に残ってます。

「スーパーアラジンチャンス」は最大5,000G続くAT(SBで2G1セット)で、朝イチに引いても閉店までに取り切れるかどうかの超超超ロングATが話題でしたね。

私も死ぬほど打って死ぬ寸前まで負けた記憶があります。

アラジンは2号機から続く長いブランド機種ですが、後継機に恵まれないのが残念・・・

矢印
アラエボは結構好きだったんだけどな・・・

3.Aquarius 4V8(ミリオンゴッド神々の凱旋)

まだ記憶に新しい「ミリオンゴッド神々の凱旋」。この台の検定切れには多くのスロットファンが涙したことでしょう。

「Aquarius 4V8」といえばゴッドゲームのオリンポスステージのBGM。ストックありが確定するこのステージはノリの良いサウンドで圧倒的安心感を与えてくれました。

特に天井での当選でこのBGMが流れたときはまさに歓喜の一言。(BGMより先に上部ランプで解ってるなんて野暮なことは言わないように)

昨年の年始に万枚を達成しましたが、恐らくそれが人生最後の万枚になるんだろうな・・・と思っています。

凱旋からは他にも「神々の凱旋(通常のATBGM)」も収録されています。

 

4.メドレー(ネオマジックパルサー)

ニューパルでもキンパルでもない!山佐からの参戦はなんと「ネオマジックパルサー」です!

ネオマジックパルサーことマジパルと言えば、「ネオプラネット」に続く「ELビジョン搭載機」で話題になりました。リール前の盤面に映像が浮かび上がる仕組みは今でこそ当たり前になっていますが、当時はかなり画期的でした。

そこそこヒットしたネオプラに比べるとイマイチな評判だったマジパルですが、私はけっこう好きで結構打った記憶があります。

矢印
朧げな記憶も鮮明に蘇る。そう、ナナリズムダッシュならね

5.愛をとりもどせ!!(北斗の拳)

最後に紹介するのは再びサミーから「北斗の拳」「愛をとりもどせ!!」です。

初代北斗はスロットの歴史を塗り替えたと機種としてあまりにも有名。「バトルボーナス」の仕組みはその後多くの機種で真似をされました。

当時のスロッターはオーラの色に一喜一憂し、剛掌波を恐れ、トキを神と仰ぎ生きていました。そして多くの「昇天童貞」が今日こそは・・・と握った拳でレバーを叩き、20連を超えたら天高く突き上げていたのです。我が生涯に一片の悔い無し、と・・・

ちなみに北斗の拳からは「バトルボーナスBGM」も収録されています。どちらを紹介するか迷ったのですが、どちらにしても紹介文は変わらないので昇天を象徴し主題歌でもあるこちらにしました。

矢印
私はなんと90連の最高記録を持っていますが、画像を撮り忘れたので誰も信じてくれず・・・その時はゴトと疑われるのが怖くて50連目あたりから「早く終わってくれ」と祈りながら、なるべく身体を台から遠ざけて打ってました・・・

その他の楽曲

他にも新しめの機種の曲から懐古厨を唸らせる歴戦の名機まで、幅広い楽曲が収録されています。

そして近年のパチンコ・パチスロと言えばアニメ原作が多いことから「エウレカセブン」「物語シリーズ」などアニメ楽曲も数多く収録されています。

あの時白熱した勝負を繰り広げたあの名機の曲は収録されているのか?それはご自身で確認してみてください。

ナナリズムダッシュ

ナナリズムダッシュ

Sammy Networks Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

いつでも好きな楽曲で遊べる?

ストーリークエストの戦闘では決まった楽曲しか遊べませんが、フリークエストでは「楽曲解放チケット」を使って解放した曲を何度でも色々な難易度で遊べます。

最初に最低でも5枚のチケットが貰えるため、いきなり自分の好きな曲から遊ぶこともできます。

楽曲解放チケットはメインストーリーを進めることで獲得できます。

まとめ!!

最近は便利なもので、かなり昔の台でもYouTubeなどでプレイしている映像が観られます。

ブームのおかげでゲームセンターのスロットコーナーも充実しているため、実際にプレイすることだって可能です。

しかしこうやって自分の「推し」の機種が「今」を生きることはナナリズムダッシュでしか体験できないことではないでしょうか。

私もこのゲームを実際にプレイしてみて「コンチXXXX」ではかなりこみ上げてくるものがありました。

スロットやパチンコが好きな方、今の6号機に満足できていない方、4号機のアツさをもう1度感じたい方。そんな方にはこのゲームをプレイしてみることをオススメします。

ナナリズムダッシュ

ナナリズムダッシュ

Sammy Networks Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは、また。

ゲームの紹介よりスロットへの愛情が爆発してしまったことをお詫び申し上げます。

-ゲームレビュー, 新作ゲーム

Copyright© 今日も今日とてHi-Hoなゲーム生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.