ポケモンレジェンズアルセウス 攻略日記 新作ゲーム

ポケモンレジェンズアルセウスがついに発売!さっそく冒険にでかけよう!新タイプのポケモンはどんなゲーム?遊び始めた感想など【まったり攻略日記1話】

2022年1月28日

こんにちわ、矢印です。

ポケモンの最新作「ポケモンレジェンズアルセウス」が発売となりました!そこで今回から数回にわたり、ポケモンレジェンズの攻略日記を書いていこうと思います!

素人うさぎ
矢印ってポケモンのイメージあまりないけど・・・?
ポケモンは初代を発売日に買ってクリアまでプレイした以降はXYを少しかじった程度だぞ!
矢印
素人うさぎ
そんな「ニワカ」がこんな記事書いて大丈夫!?
これでもゲーマーのはしくれ!プレイはしてなくてもポケモンの知識は素人に毛が生えた程度はあるから大丈夫!
矢印
素人うさぎ
世間ではそれを「ニワカ」って言うんだけどね・・・

本記事は攻略法のまとめではなく、あくまでクリアまでの日記となります。

「時間がなくてプレイできない」「気になるけど購入までは至らない」という方に一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!

Hi-Ho-GAMEイチオシ!!

冒険の始まり

物語は主人公がアルセウスによって大昔の「ヒスイ地方」に飛ばされたところからスタート。このヒスイ地方は後年「シンオウ地方」と呼ばれる場所だ。

アルセウスは「全てのポケモンと出会いなさい」とだけ告げ、主人公を大空から放り出す。

そこで出会ったのがラベン博士。彼はうっかり逃げてしまった3体のポケモンを捕まえられず困っていた。

主人公は博士にポケモン捕獲のお手伝いをお願いされるのだった。

チュートリアル開始!

さてここからチュートリアルが始まります。

まずはラベン博士が逃がしてしまった3匹のポケモンを捕まえることからスタート。

今作は従来のポケモンシリーズとは仕様が異なり、アクション性が高くなっています。

ポケモンの捕獲もただ単に「ボールを投げる」というコマンドを入力するのではなく・・・

フィールド上のポケモンにエイムを合わせてボールを投げる必要があります。

矢印
フォートナイトで鍛えたエイム力の見せ所だぜっ!

とは言ってもシビアな操作は必要なく、ZLボタンで「注視」をすればエイムも自然と合わせてくれるのでアクションが苦手な方でもすぐに慣れそうです。

順調にポケモンを捕まえていくが、ここで問題が発生・・・

 

最後の1体を完全に見失いました!!

 

ポケモンが見当たらず立ち尽くす「やじるし」

 

割とガチで見失って5分くらいウロウロしてました(笑)従来のポケモンシリーズではあり得ないトラブルも新鮮ですね!

無事3体のポケモンをGETすると、博士はたいそうびっくり。

従来のポケモンシリーズは「ポケモンは友達!怖くないよ!」みたいな感じですが、はるか昔のこの世界ではまだポケモンはただのモンスター。そのポケモンをほいほい捕まえられるツワモノはすごく稀なんだそう。

主人公の華麗なボールさばきにほれ込んだ博士は、自分の夢を語る。

「すべてのポケモンと出会いなさい」

アルセウスの言葉にも通じるその夢のために主人公は協力することで物語は始まります。

その代わり主人公の衣食住を保証するため、博士の住む「コトブキムラ」へ向かいます。

矢印
おっさんが少女に「ウチにこないか?」ってリアルなら完全に事案発生だな

いざコトブキムラへ

コトブキムラは「シティ」ではなく「ムラ」なだけあって非常に「ムラ」っぽい雰囲気です。

ただしここの住人はものすごく排他的で、空から降ってきた少女にはとても冷たい。

どうやらこのムラは「ギンガ団」のためのムラのようです。

矢印
ギンガ団のムラかよ!こっちが願い下げだ!

しかし主人公は博士の紹介でギンガ団に入団する運びになります。この時代のギンガ団はまだ真っ当なポケモン調査集団のようですね。

しかし「よそもの」の主人公を「はいそうですか」と入団させてくれるほど甘くないのがギンガ団。

入団のために試験を受けることになりました。

とりあえず一晩の宿と晩飯にありつけた主人公は、与えられた宿場で休むのであった。

自宅の雰囲気が最高にイイ

 

その晩・・・

 

空からたくさんの光が降り注いだと思ったら・・・

 

大きな雷が落ちました。

今はまだこれが何なのかはわかりません。

まだまだ続くよチュートリアル

朝を迎えた主人公は、試験の内容を聞きにギンガ団本部へ。

試験は3体のポケモンを捕まえてくること。

「なんだそんなことか」

と思うなかれ、この世界で1人で3体ものポケモンをGETできるのは逸材なのだ。

御三家登場

そしてここでポケモン恒例の相棒選び。今回の御三家はこちらです!(ドドン)

左から「ヒノアラシ(炎)」「モクロー(草)」「ミジュマル(水)」の3体。初代でもヒトカゲを選んだ私は迷わずヒノアラシを選択。

そしていざ試験のため「黒曜の原野」へ!!

初のポケモンバトル

と思ったらムラの入り口で変なのに絡まれました。歩いているだけで絡まれるのはポケモンの伝統なので仕方なし。

ここで初めてのポケモンバトル開始です!!

バトルは従来のポケモンシリーズそのままに。アクションの要素は一切なく、ポケモンの技もコマンド入力です。

ここでもアクション性を出したら面白かったのになーと個人的には思いますが、そこは温故知新、シリーズファンも楽しめるよう「いつものポケモン」にしたのでしょうね。

危なげなく初めてのポケモンバトルを制した主人公は、改めて「フィールド」へ出発します。

フィールドでの操作

フィールドに出るにはマップから行き先を選びます。

ポケモンレジェンズはトレーラー映像などを見るとオープンワールドのように見えますが、実際にはいくつかのエリアに分かれていてオープンワールドではないというのは事前にアナウンスされていましたね。

フィールドでは「ベースキャンプ」を拠点にポケモンの調査を行います。

矢印
ん・・・?
どうかした?
素人うさぎ

指定されたポケモンを順調に捕まえる。今後相棒になるであろう「テル」もべた褒めで、悪い気はしない。

そして問題は3匹目の「コリンク」

ポケモンの中には気性が荒く人間に襲い掛かってくるものや、ただボールを投げただけでは捕まえられないものもいる。

そういう場合は・・・そう、手持ちのポケモンで弱らせてから捕獲だ!!

フィールドではXボタンでモンスターボール↔ポケモンボール(ポケモンが入っているボール)の切り替えをし、バトルをしかける時には敵に向かってポケモンボールを投げます。

そしてバトルで十分弱らせたポケモンは、そのままモンスターボールを投げてGETします。ちなみにバトル中のボール投げはエイムは必要なく「投げる」のコマンド入力のみです。

Xボタンワンタッチで切り替えられるのは手軽でいいけど、投げ間違えには注意が必要ですね。

矢印
すでに何回も投げ間違えてモンスターボールを無駄にしたぞ・・・

そうして無事3体のポケモンを捕獲。ギンガ団本部に報告に戻ります。

ギンガ団入団!!

無事試験は合格!その後制服を貰ったり

団長に挨拶に行かされたり

その団長に突然相撲を仕掛けられたりして・・・

無事ギンガ団に入団と相成りました。

ポケモン図鑑登場!

そして遂に・・・今作のメインテーマである「ポケモン図鑑」が支給されます!

ちゃんと時代背景に準じたデザインのポケモン図鑑ですね。

ゲーム内ではもう少し後に詳しい説明がありますが、どうやらこのゲームはポケモン図鑑を完成させていくことで進んでいくようです。

シリーズでのポケモン図鑑は「捕まえたら登録」ですが、レジェンズでの図鑑は少々奥が深く、1種類のポケモンに対し複数の条件(タスク)があり、それを埋めることでコンプリートとなります。

例えば「ヒノアラシ」だと、この7項目でそれぞれ回数ごとの「タスク」があり、それを達成、報告することでポイントが貰えます。

そしてポイントの累計に応じて「団員ランク」が上がっていくようですね。団員ランクが上がると行ける場所が増えたり、自由に使えるポケモンのレベルが上がったりします。つまり従来シリーズの「バッジ」に相当する役割もあるんですね。

新要素「クラフト」

ポケモンレジェンズは大昔の話。モンスターボールもまだ一般的なアイテムではないため、手作りしたりします。

そのため「クラフト」という要素があり、素材からモンスターボールやきずぐすりなど、様々なアイテムを自作します。

もちろん店での購入もできるのですが、恐らくメインはフィールドで採った素材でのクラフトとなるでしょう。

矢印
んんん・・・?
どうしたの?さっきから
素人うさぎ

ここまででチュートリアルはほぼ終わり。最後にフィールドで「回避」という名のでんぐり返しをドヤ顔のテルに見せられ、本格的に冒険が始まります。

矢印
ちょっと小馬鹿にしちゃったけど、レジェンズでは野生のポケモンが主人公に襲い掛かってくることもあるから「回避」はとても大事!
プレイヤーがポケモンに攻撃され続けると気絶してベースキャンプに戻されちゃうのよね
素人うさぎ

感想:ポケモンレジェンズの仕組みはあのゲームに似てる

さて、今回の日記は物語の導入部分でした。初回ということで説明が多くなってしまったのは、いつも攻略記事を書き過ぎの悪いクセが出てしまいました。

ここまででだいたい1時間ちょいのプレイでしたが、1番に感じたことは「仕組みがモンハンに似ている」ということ。

  • フィールドからマップを選んで出発
  • ベースキャンプが拠点
  • クエストが終わったら帰還
  • 道具はクラフト(調合)

などなど、共通点が多くありましたね。もちろん「パクりだ」なんて言うわけではなく、モンハンシリーズに慣れ親しんだ私にはやりやすいシステムだと感じたのです。

そして・・・恐らくこのゲームは非常に「作業ゲー」であるとも感じました。図鑑コンプリートには同じポケモンを何匹も捕まえる必要があるので、繰り返しの作業が苦手な人は楽しめないかもしれませんね。

ポケモンレジェンズは事前情報からも読み取れたように従来のポケモンシリーズとは全く異なるゲームとなっています。

私が購入を決めたのは「botwにどことなく雰囲気が似てたから」で、蓋を開けてもモンハンのようなプレイ感で満足しているのですが、「ポケモンの最新作だから」という理由で購入した人の中には「思ってたのと違う!」という方も多そうですね。

さて、次回以降は本格的な冒険の様子をお送りいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは、また。

次のお話はこちら↓

ついにギンガ団としての調査が開始!シンオウの正体、アヤシシやバサギリとの関係は?アルセウスフォンやおとしものについても解説【アルセウスまったり攻略日記2話】

こんにちわ、矢印です。 前回に続きポケモンレジェンズアルセウスのまったり攻略日記2話をお送りいたします。 前回のお話はこちらから タップできる見出しテルとの決闘次の任務アルセウスフォンだれかのおとしも ...

続きを見る

 

 

 

 

-ポケモンレジェンズアルセウス, 攻略日記, 新作ゲーム

Copyright© 今日も今日とてHi-Hoなゲーム生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.